カテゴリ:ライブ( 3 )

EVI HABARA1005

1週間ほど経ってしまって今更感はあるが、EVI HABARA1005の感想でも書いてみようと思う。

あ、μさんの出演部分だけです。ごめんなさい。


1.桜色エンゲージ

μさんの1曲目というと大体Panorama ChimeかRollin'Lonelyって感じだったので、ちょっと意外な選曲。

しっとりしたイントロから登場したμさんは白のドレス衣装。

曲のイメージも相まって、結婚式を思い浮かべて胸にぐっときました。


2.brileto~永遠のあかい糸~

ようやく、ライブで聴くことができたこの曲。

しっとりとしたバラードですね。

個人的な意見ですが、μさんの歌声ってこういう優しいバラードが一番生きると思うんですよね。

こういっては何ですが、椅子に座ってゆっくりと聴きたくなる曲です。

「あなたのことが大好きだよ」というフレーズのとき、ちょうどμさんが前にきてくれたおかげで、

まるで自分に対して歌ってくれたような気が...はい、気のせいですね。スミマセン。


3.Rollin'Lonely

ロリロリロリロリ~でお馴染みのアッパーソング。

今回、振り付けが追加されたんですが、おっさんにはついていけませんでしたw

いや、フリ自体は簡単なんだけど、「あ、ここでフリを入れるんだった」って何度もミスッたw

次はいける...と思う。


4.Panorama Chime

定番曲。タオル忘れた...orz

1番のBメロ?あたりから2番の歌詞で歌ってしまうμさん。

あまりにはっきりと間違えているから自分が勘違いをしているのかと思ったのですが、

バックで流れているコーラスともあってないし...

あそこまではっきりと間違えるμさんは初めてみました。

(前回EVI HABARAでのBETRAYERも間違えたらしいのですが、ショートサイズしか知らないのでわからなかった)


5.Heavenly Kiss

定番曲その2。相変わらずこの曲の盛り上がり具合は異常だわw

しかし、前曲に引き続きこの曲でも歌詞間違え。

1曲ならまだしも2曲連続なので、さすがに心配になりましたよ。

前日飛蘭さんのライブにバックコーラスで参加していらっしゃったし、他にもお仕事忙しそうだったし、調子悪いのかと...

どうやらロリロリの新しいフリで頭がいっぱいだっただけらしいので一安心ですが。


とまあ、こんな感じで5曲歌い終えてμさんの出番は終了。

ソロで5曲というのは自分が参加した中では最多だったかな。大満足でした。


今回は、終演後にμさんとお話をさせて頂きました。

ガチッガチに緊張していたせいで、せっかくμさんがテンション高く接してくれたのに相槌を打つくらいが精一杯でロクに会話になってなかった...orz

いや、だってね、間近で見るμさんの笑顔が眩しすぎてもうね...単にコミュ障だってのもあるけど。

別に自分的にはあんなに近くで、一言二言声をかけることができれば十分なんだけど、

せっかく盛り上げようとしてくれているのにロクな受け答えができないのは相手に対して失礼というか、相手も楽しくないんじゃないかなって。


...いかん。これ以上書くと話が脱線するしネガティブモードに入ってしまいそうになるのでこの辺で。

とにかく、本編も、色々書きましたが終演後も、楽しいライブでした♪

次はネオジェネだーー!!(休みとらなきゃw)


[PR]
by bulesky404 | 2014-10-11 21:54 | ライブ

The second coming of 1994『地獄ノ三夜』「奈落」

この日をどれほど楽しみにしていたことか。

初期黒夢の再臨。その名古屋公演3日目に参加してきました。



予定時間から遅れること1時間ほどしてからステージの幕が開く。

そこには、絞首台のセットと百合のあしらわれたマイクスタンド。

そして、百合の花束を持った清春が登場。

清春も人時も黒服と濃いメイクに身を包み、まさに20年前のパフォーマンスを再現している。

インスト曲「開花の響」に続けて演奏されたのは「百合の花束」。

これぞビジュアル系と言わんばかりの音で会場の空気を一変させる。

そして「masochist organ」や「neo nude」などメジャーデビュー初期の曲を演奏しながら、

黒夢の世界に会場を飲み込んでいく。

人時のベースソロでは、ドロドロした雰囲気から始まり、次第に熱を帯びて激しくなるプレイで魅了する。

再びメンバー全員が揃って演奏されたのは「MISERY」。

続けて演奏された「utopia」で次第にオーディエンスも熱を帯びていき、「CHANDLER」で会場の興奮は最高潮に達する。

これまではどちらかというと「聴かせる」ステージを魅せていたが、ここからは会場一体となって声を上げ、腕を振り上げ、暴れる。

「autism~自閉症~」「& Die」「十字架との戯れ」と激しい曲が続き、「UNDER...」により本編は終了。

アンコールでは本編の熱をそのままに「棘」「for dear」で会場を盛り上げ、

ラスト「romancia」で黒夢の世界を強烈に印象付け公演は終了した。



一般先行で入手したチケットで整理番号があまりよくなかったけど、

中央ほぼ最前列といういい位置をキープできたのはラッキーでした。

チケット代は正直高いwが、それだけ、それ以上の価値があるライブでした。

当時をリアルタイムで体験できなかったので、今回のライブで当時の圧倒的なカリスマ性を追体験できたのは本当に貴重な経験になりました。

限定公演だからこそ価値があるのはわかってはいても、やはり映像作品として残してほしいなぁ。


次回のツアーはまたいつものw黒夢になるようだが、そっちも絶対に行きたいなぁ。


[PR]
by bulesky404 | 2014-06-01 17:05 | ライブ

ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブin横浜アリーナ

昨日、5/24は黒夢「地獄の三夜」名古屋初日・・・も行きたかったのですが泣く泣く諦めて、

ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブに行ってきました。

ほんとなんでかぶるかね・・・


ともかく、μ'sと新田さんソロ、あとは2部の南條さん目的で、他のアーティストさんはほとんど知らない状態だったので

正直楽しめるか不安だったのですが、終わってみれば喉が枯れるくらい声を出しまくって楽しんできましたw

個人的にはサイキックラバーさんとDAIGOさんが好きでしたね。

特にDAIGOさんはMC含めて、個人的に1部のMVPでしたw


2部のミルキィホームズは歌&劇のミュージカル風?のライブになっていてまさに声優ユニットだなと。

どの曲も盛り上がって楽しかったのですが、雨上がりのミライは改めて聴くと名曲だなぁと思いました。

ズキューンズキューンしながら自己紹介をする曲も面白くて好きですw

アニメ1期ぐらいしか知らなかったのですが、機会があったら曲も聴いてみよう。


んで、お目当ての方々の感想。

ライブ開幕一発目からμ'sの登場でテンションがやばいw

1曲目は定番の「僕らは今のなかで」。何度聴いてもいい。名曲ですね。

1曲目を終えて、これまた定番の自己紹介。

お馴染みのコール&レスポンスが続く中、三森さんの「私のは特に準備とか要りませんよー」って言葉が面白かったw

あと珍しく?ポニーテールにしていたPileさんが可愛かったです。

自己紹介が終わって2曲目は「No brand girls」。

イントロを聴いたときあれ?って思いました。

というのも、ネットで事前にセットリストバレみたいなのが出回っていてうっかりそれを見てしまっていたので、

この曲がくるとは思いませんでした。

曲の最初のほう、音響トラブルなのか、マイクが歌声を拾いきれていなかったのが残念。僕今のときは問題なかったのにな・・・。

そんなトラブルをものともせず、会場全体を盛り上げたメンバーの皆さんに拍手。

3曲目はライブ初披露の「タカラモノズ」!

イメージカラーのポンポンを振り上げながら、3名ずつに分かれてトロッコ外周とセンターステージで観客を盛り上げる。

この曲本当好きなんですよねー。スカっぽいリズムで聴いてて楽しい!

アウトロはCDより長かったような気がしました。なんかメンバーも「え、まだ終わらない?」って戸惑っているようにも見えたのは気のせいかなw

最後、CDジャケットみたいに列車を組んでステージを捌けていく姿が印象的でした。


そしてライブ中盤で登場の新田恵海さん。

ソロで観るのは昨年秋のネオジェネ以来ということでかなり楽しみにしてました。

甘ロリ系の可愛らしい衣装での登場。ってめっちゃびっくりしましたwまさかこの系統の衣装で登場されるとは思わなかったw

歌ったのは「D.C.III P.P.」のテーマソング「タイムカプセル」 。

爽やかで疾走感がある名曲ですね。

サイリウムの海の中、ステージを所狭しと駆けながら歌い上げる新田さんの姿は素敵でした。

もちろん、持ち前の歌唱力はさすがの一言。


2部で登場した南條愛乃さん。

明智小衣ちゃん風の衣装でキャラソン「ココロノエデン」を歌う。

最初は地声で歌っていましたが、途中からキャラ声に近い感じになっていたような気がします。

μ's以外で南條さんの歌をライブで聴くのは初めてでしたが、ライブでも綺麗な歌声ですね。

個人的にはfSよりもソロの落ち着いた感じのほうが好きなので、機会があればソロライブも行ってみたいですね。

ライブ最後の、

南條さん「こころちゃんって言ってもいいよ」

観客「こころちゃーん!」

南條さん「こころちゃんゆーなー!」

のやり取りは楽しかったw


とこんな感じで充実したライブでした。

でもね、5時間は長いよw

足が棒になって後半はMCのたびに椅子に腰掛ないと持たないくらいでしたw



[PR]
by bulesky404 | 2014-05-26 00:47 | ライブ